Category Archives: 未分類

穀物が入っていない

人間も食べられる品質のエサを購入することが、犬に安全な食事を提供することに繋がります。しかしながら、人間が食べられるとはいっても、犬には与えてはいけないものというのがあります。たとえば、犬が中毒を起こしてしまう食品として、玉ねぎ、長ねぎ、チョコレートなどがあります。ドッグフードでいうと穀物が使用されているのは良くありません。具体的には米、小麦、トウモロコシなどをあげることができます。

なぜ穀物がよくないのかというと、犬には穀物の消化を行う酵素が不足しています。栄養として吸収されることなくそのまま排泄されてしまうことがあります。穀物が大量に使用されているエサを与えていた結果、飼い犬が栄養不足を起こしてしまうことになりかねません。また、犬の消化器官にかかる負担が大きく、アレルギーを起こしてしまう危険すらあります。

こうしたことから、犬に与えるエサは穀物不使用であったほうがいいのです。トウモロコシなどの穀物が主原料として入っているドッグフードを選んでしまうのは、犬の健康のことを考えるとよくありません。なお、穀物不使用のことはグレインフリーとも表現されていますので、商品を選ぶ際には表示を確認してグレインフリーのものを候補にしましょう。

添加物が入っていない

良い犬のエサの条件のひとつに、無添加であることがあげられます。人間も健康食品や化粧品などを購入する際に、無添加であることが健康や美容に良いというイメージが一般に広がり、商品を購入する際の基準のひとつに含めている人も多いでしょう。飼い犬に与える食事も同じで、商品を選ぶ条件に含めたほうがいいです。

ペットフード安全法という法律があり、基準が定められていますが、人間の食事ほど厳しくありません。よって、飼い犬にとって害のある添加物が入っているのは珍しくない話です。高級なドッグフードに分類されているようなものにも配合されていることがあるため、よく確認して商品を選ぶことが大切です。酸化防止剤や保存料、着色料や香料が使用されている商品は避けておくのが無難です。添加物を長期的に摂り続けることにより、悪性腫瘍などの病気のリスクを高めてしまいます。
なお、着色料や香料に関しては、直接的に深刻な害を起こすことはありません。ただし、粗悪な肉で犬の食いつきが悪くなるのを避けるため、色や香りでごまかしていると判断することが可能です。

以上の理由で、犬のエサは添加物が配合されていないものであるに越したことはありません。毎日の食事で犬の健康を損ねてしまうことがないようにしたいものです。

安価な犬のエサはNG!

2kg入りで1,000円程度までの価格帯で販売されている犬のエサを、経済的でいいと思って買おうとしていたり、実際に買ったりしてはいないでしょうか。実は安価なエサには、犬の健康のことを考慮すると良くないものが入っている可能性があります。
あまりに安いエサには、死後長時間が経過していて傷んだ状態で加工が行われていたり、体の一部に障害を持っていたり、病気を抱えていたりするような動物の肉が使用されていることがあります。肉だけでなく動物の糞便や尿、羽根、毛皮、ひづめなども肉類の重量としてカウントされているケースもあります。このような低品質のエサは、愛情を持って飼い犬を飼育している人は使いたいとは思わないでしょう。

良いエサの条件のひとつとしては、人間も食べられる品質の商品を選択することがあげられます。この人間も食べられる品質のことは、ヒューマングレードとも表現されます。値段は割高になりますが、表示を確認して人間が食べることが可能なものを候補にすることが、愛犬の健康を守るためには大切です。

粗悪な肉が使用されている可能性があるのは、骨抜きチキン生肉○%のように明記されていない商品です。くず肉のことを示すミールやミート、粉々にされて栄養として取り込めるものがほぼ残存していないパウダー、エキス、何が入っているのかすべて明記されておらずあいまいな肉類(○○など)と表示されているものなどは避けておくのが無難です。
当サイトでは、ほかにも犬の良いエサの条件を解説しています。エサ選びの参考情報としてお役立ていただければ幸いです。