添加物が入っていない

Pocket

良い犬のエサの条件のひとつに、無添加であることがあげられます。人間も健康食品や化粧品などを購入する際に、無添加であることが健康や美容に良いというイメージが一般に広がり、商品を購入する際の基準のひとつに含めている人も多いでしょう。飼い犬に与える食事も同じで、商品を選ぶ条件に含めたほうがいいです。

ペットフード安全法という法律があり、基準が定められていますが、人間の食事ほど厳しくありません。よって、飼い犬にとって害のある添加物が入っているのは珍しくない話です。高級なドッグフードに分類されているようなものにも配合されていることがあるため、よく確認して商品を選ぶことが大切です。酸化防止剤や保存料、着色料や香料が使用されている商品は避けておくのが無難です。添加物を長期的に摂り続けることにより、悪性腫瘍などの病気のリスクを高めてしまいます。
なお、着色料や香料に関しては、直接的に深刻な害を起こすことはありません。ただし、粗悪な肉で犬の食いつきが悪くなるのを避けるため、色や香りでごまかしていると判断することが可能です。

以上の理由で、犬のエサは添加物が配合されていないものであるに越したことはありません。毎日の食事で犬の健康を損ねてしまうことがないようにしたいものです。