穀物が入っていない

Pocket

人間も食べられる品質のエサを購入することが、犬に安全な食事を提供することに繋がります。しかしながら、人間が食べられるとはいっても、犬には与えてはいけないものというのがあります。たとえば、犬が中毒を起こしてしまう食品として、玉ねぎ、長ねぎ、チョコレートなどがあります。ドッグフードでいうと穀物が使用されているのは良くありません。具体的には米、小麦、トウモロコシなどをあげることができます。

なぜ穀物がよくないのかというと、犬には穀物の消化を行う酵素が不足しています。栄養として吸収されることなくそのまま排泄されてしまうことがあります。穀物が大量に使用されているエサを与えていた結果、飼い犬が栄養不足を起こしてしまうことになりかねません。また、犬の消化器官にかかる負担が大きく、アレルギーを起こしてしまう危険すらあります。

こうしたことから、犬に与えるエサは穀物不使用であったほうがいいのです。トウモロコシなどの穀物が主原料として入っているドッグフードを選んでしまうのは、犬の健康のことを考えるとよくありません。なお、穀物不使用のことはグレインフリーとも表現されていますので、商品を選ぶ際には表示を確認してグレインフリーのものを候補にしましょう。